食べることへのこだわりを捨てて貯金を増やしたい

 私は根っからの食いしん坊です。これはそういう家系出身だからというのが大きいです。母も父も大の大食漢で、しかも量だけではなく質にもこだわっています。なので家の出費のほとんどが食費です。これは間違いありません。

多分周りのどの家庭よりも極端に食費にだけお金をかけているはずです。これに関して、もう少し節約する、或いは他のものにお金を使った方が良いのではないか、と母に私は言うのですが、「だって皆欲しがるから」と言い、食費に大金使っています。これでは貯金もできていなさそうですし、バランスが悪いです。私がどうこう言うことでもありませんが。

 はっきり言って、家は住んでいる家は決して広くなく、場所も決して便利な都心にあるわけでもなく、ブランドものの服やバッグや宝石は持たない傾向が強いです。私はそういうものにあまり興味がないのですが、やはり母も父が一層そういうものに興味がないことも少しは影響しているのでしょうね。

別にブランドものを持つ必要は全くないのですが、他の人が住宅や車に使うようなお金を全て食費に使うのはあまりにも浪費になっていると思うので、私は母の「食へのこだわり」を反面教師にして、食べることへのこだわりを強く持ちすぎないようにして、近い将来今よりも良い家に引っ越すことを目標にして貯金したいと思います。