薄毛の症状の一つ「慢性休止期脱毛症」について

「慢性休止期脱毛症」とは、頭全体の髪が薄くなる薄毛の症状です。ニューモ育毛剤は販売店で購入可能?薄毛への効果と口コミ評価を紹介!

特徴は、「女性に特有の症状である」「症状が現れる範囲が広い」「FAGAと違い、軟らかい毛が抜けるのではなく、長い毛が抜ける」「毛が軟らかくなったり、生え際が後退したりはしない」「髪が抜けやすい・切れやすいなどの易抜毛性は見られない」「特定の箇所からではなく、頭全体で薄毛が進んでいく」などが挙げられます。

本来、休止期状態にある髪は全体の1割ほどであるべきなのですが、これが2割ほどに増加することが原因です。

症状は、「抜け毛が増える」ということから始まり、「髪全体のボリュームが減ってくる」「地肌が見えるようになる」といったことが挙げられます。

では、この慢性休止期脱毛症の原因ですが、現在のところ特定の要因というのはありません。

また、最も影響を与えている物が何かということも、分かってはいません。

つまり、ほぼ原因不明ということなのですが、以下で挙げる物が原因となっていることもあります。

「精神的なストレス」。

「疲労」。

「行き過ぎたダイエット」。

「加齢」。

「甲状腺疾患」。

「貧血」。

「亜鉛の欠乏」。

「常備薬が原因の副作用」。

ですから、これらのうちで避けられる物は避けたほうがよいでしょう。