かゆみが止まらない!寒い季節の乾燥肌

汗ばむ季節が遠のいて、過ごしやすくなってきたのも束の間、

気付くと体のあちこちに痒みが発生して、我慢できない症状にお悩みではないですか?

それ、もしかして血行不良から起きる乾燥肌かも。http://www.watermarkskiclub.com/

気温が下がり、空気が乾燥しやすくなってくると、皮膚の表面を守っていた潤いのバリアがバランスを崩してしまい、

空気の汚れや衣服の摩擦といった、ちょっとした刺激が肌のかゆみを引き起こしやすくなります。

無意識に引っ掻いて皮膚に傷ができてしまうと、肌を刺激から守っている角層の補修が間に合わなくなり、ますます症状を悪化させる原因に。

お肌の乾燥を防ぐには、適度な運動や睡眠を心がけ、意識的に血行を良くすることで、新陳代謝を促すのが効果的です。

また、お風呂でゆっくり体を暖めることも大切ですが、あまり熱いお湯に浸かったり長時間入浴をすると皮脂が失われやすくなるので要注意です。

タオルでゴシゴシこすってしまうとお肌を傷つけてしまいますので、体を洗う時は泡で優しく、力を入れないよう気を付けましょう。

入浴後は保湿効果の高いクリームなどでこまめに肌の乾燥を防いだり、肌の露出を抑えて刺激から守るよう心がけましょう。

かゆみを我慢できずにお肌を引っ掻いて傷ができてしまったら、早めに皮膚科で相談するようにしましょう。

かゆみどめや修復効果のある軟膏で対処してもらえますよ。

回復できるまで根気も入りますが、信頼できる医療機関を味方に付けて、かゆみのストレスを抱え込まないように。

健康なお肌をキープして、寒い季節も元気に楽しみたいですね。