姉妹の仲の良さは親の働きかけ次第

私は4歳と2歳の二人の娘の父です。1日に何度か、大喧嘩をするのを目にします。最初の頃はどうしていいかわからず、何があったか、誰が何をして喧嘩に発展したかを確認し、悪いと思ったほうを叱るようにしていましたが、だんだんそれが逆効果になり、更なる喧嘩に発展したり、片方がいじけてしまうことが多いことに気づきました。

セノッピーの3ヶ月の口コミを暴露!小学2年生の息子に効果はあった?

 そこで、そのときの状況により、2つの方法を使い分けることにしました。1つ目は、喧嘩したときには父である私が警察官の真似をし、喧嘩をしているという通報がありましたのでかけつけました。どうしましたかと聞き、子供をワクワクさせるようにしました。特に長女は職業体験のアミューズメント施設に行き警察官の役柄を演じたことがあるからか、警察官に扮した父が出てくると、さっきまでの怒号が嘘のようにニコニコしだします。最終的には、そこでジャッジするようなことはせず、警察官と敬礼をして終わります。2人とも喧嘩をしていたことを忘れ、どちらかが怒り続けたり、いじけるようなことはなくなりました。

 2つ目は、喧嘩して泣いているほうを抱っこして少し離れた場所に連れていき、耳元で秘密だよとささやき、小さいお菓子をあげることにしました。女の子って秘密が好きですよね、内容は小さいお菓子ですが、これで仲良くしようねというと、戻った時に驚くほど仲良くしてくれることに気づきました。多少、副作用がないともいえないですが、姉妹が仲良くお手伝いを親ができることを感じています。