ニキビをセルフケアで治すためのポイント

お肌の悩みの一つに「ニキビ」がありますが、これをセルフケアするためのポイントはいくつかあります。

一つ目は、「優しく洗顔する」。PLUEST(プルエスト)の効果

余分な皮脂などを落とすためにも洗顔は大事ですが、肌をゴシゴシこすりながら洗ったりするのはNGです。

刺激の少ない洗顔料をしっかり泡立てて、それをクッションのようにして優しく洗いましょう。

二つ目は、「保湿を重んじる」。

ニキビは、肌が乾燥してバリア機能が下がることでできることもあります。

ですから、洗顔した後は、スキンケア化粧品で素早く保湿ケアをするべきです。

三つ目は、「紫外線対策を講じる」。

紫外線を浴びると、肌の乾燥が進行して角層が厚くなったり、皮脂が酸化してニキビが悪化することなどがあります。

帽子や日傘などの他、日焼け止めなどを使うようにしましょう。

四つ目は、「睡眠をしっかりとる」。

肌は、寝ている間に細胞分裂が活発になるので、ニキビをキレイにするためには十分な睡眠が不可欠です。

そのためには、いつも決まった時間に眠れるような生活スタイルを作り上げておきましょう。

これらの他、ストレスもニキビの大敵といえるので、「適度に運動する」「音楽などを聞く」「友人とおしゃべりする」など、自分に適した方法でストレスを解消するようにしましょう。