武術ヨガで実戦的肉体改造

男性が筋トレをする場合は筋肉は見た目も大事ですが、瞬発力や持続性を伴った戦闘力を上げることも大事ですね。
そこで、お勧めしたいのが武術ヨガ。

http://www.lionsaigon.com/

えっ?ヨガなのに武術?と思われる方もいると思いますが、格闘家やアスリートなどもヨガを取り入れている方も多いのです。有名な格闘家でブラジリアン柔術のヒクソングレーシー。

まず、食事ですが重要な事は食べる順番。とにかく野菜サラダを一番最初にドカ食いすること。その後に肉。炭水化物は最後です。炭水化物へ辿り着く時はすでに満たされているので量が少なくても満足します。

その事で脂肪の付きにくい身体に変化して行き、同時に筋肉と内臓を活性化いたします。次に器具ですが基本的は自重を利用したトレーニングメニューなのであまり器具は使いません。器具を使うと無駄な筋肉が付いてしまうからです。

戦闘力では筋肉のバランスが重要で、一部の筋肉を鍛え過ぎる傾向のある器具を使いすぎるとバランスを崩してしまう事もあるからです。そこで自分の体重を利用した自重トレーニングが有効なのです。

自重トレーニングではバランスボールや縄跳び、鉄棒などが有効です。コアトレーニングというのは全身の筋肉のバランス運動なのです。ジムに関しては武術ヨガを取り入れたジムはまだ少ない様です。ヨガを専門にしている教室を探しされるのが良いでしょう。