やはり年齢が出てしまう…

若い頃から、髪の毛が多くしっかりとしたハリとコシがありました。
当時はポニーテールがしずらい!おだんご頭にするにも髪がしっかりしすぎてまとまらない!
などなど、結ぶ事すら大変でした。
そんな悩みは今となっては本当に贅沢な悩みです。

ファーサ育毛剤の効果を辛口評価!私の口コミ体験談を本音でレポート!

最近はすっかり髪に元気がなくなり、髪自体に元気がありません。太くて硬いのが悩みだった髪も、すっかりやわらかく、へにゃんとコシがなくなってしまいました。
この頃から、年齢より上の年齢に見られるようになってしまいました。これはかなり落ち込みます。
若い頃よく聞いていた、「髪が痩せて老ける」、というのはこれのことだったのかと、つくづく実感させられる日々です。

髪が痩せてくると、まずトップのボリュームが無くなります。これまたボリュームが悩みだった若い頃には考えもつかなかった事態です。頭頂部の毛量が見た目年齢にかかわる事態だなんて想定外でした。

実は思い当たる事として、長年、髪の分け目をずっと同じ位置にしていたという事があります。これは同じ頭皮の場所に紫外線を当て続け、ブラッシング時での力も同じ場所に負担がかかり続けていたという事です。気づいた時にはもう手遅れでした。

ボリューム感が無くなってきた頃から、分け目の周りになんと白髪も出現し始めました。
最初は数本でしたが、あれよあれよという間に、分け目の周り一帯に増えていました。白髪になった髪は戻る事は無いと知った時のショックはかなりのものでした。

現在は、分け目を少しずつずらしながら、頭頂に負担をかけないように気をつけています。外出時の紫外線防止の帽子もかかせません。
髪は自分が思うよりも、ずっと年齢の出る部分なので、これ以上髪が老けないように、大切に扱っていこうと思います。