貯金としての保険

皆さんは保険と聞くとどんなイメージがありますか。私も詳しく知る前は、なんとなくめんどくさそうとか、複雑すぎて良くわからない等、少しハードルが高いイメージがありました。しかし、よくよく知れば知るほど活用法はたくさんあることが分かりました。

私は毎月一定額を貯金しておりますが、結局銀行に預けていても現在の金利では本当にわずかしか増えません。一回手数料を取られれば、もう赤字のようなものです。しかし、例えば積み立て保険に入り、現在貯金していた額を保険金として支払うことで、貯金するよりも良いことが一般的にはあります。まずは、払った保険額を控除することができて、税金を減らす事ができるという点です。

二つ目が、貯金と違って否応なく引き落とされるので、自分で意識して調整するよりも確実に貯まっていくという点です。働いているうちに早く貯めたいという人は、払い込み年数を10年等にすることで、支払期間中は負担が大きいかもしれませんが、その後は負担なく、貯まったお金をいつでも引き出すことができます。

もちろん、一定期間の受け取れる保険金額を大きくしたいという方は、積み立て型よりも掛け捨て型の方が向いているかと思いますが、貯金感覚として積み立て型保険もお勧めです。